食事とスイーツ

食後には必ず甘いデザートが欠かせないという人は少なくないですが、ダイエット中となるとその甘いものへのこだわりは悩みの種でしょう。食事の量を減らしてでもデザートを食べたい、コンビニやスーパーで新作のスイーツがでると思わず買ってしまう、そんな調子ではダイエットがはかどりません。食事代わりにケーキやシュークリームを食べても、あくまで摂取カロリーが減るだけで、ちゃんとした食事で摂れる栄養などが不足してしまいます。あくまでメインの食事の量を調整しつつ、食後のスイーツも少しだけ楽しむ、それくらいのバランスがお勧めです。

食事をとり、食後のスイーツも楽しみたい、そんな悩みを抱える甘党の人にお勧めしたいのが、最近流行りのパンケーキのお店です。パンケーキは人気スイーツですが、元々海外では食事として食べられていたメニューです。パンケーキの生地は小麦粉や卵や牛乳を使っているので、炭水化物、たんぱく質、カルシウムも含まれています。後は不足しているビタミンや食物繊維を補えば、バランスのよい食後メニューになるでしょう。

ビタミンといえばフルーツです。パンケーキの素朴な記事はどんなトッピングとも相性抜群ですから、フレッシュなフルーツと組み合わせても美味しく食べられます。そのままでも美味しいですが、甘いシロップやホイップクリームをトッピングすると、フルーツの甘さや酸味も引き立ち、より一層美味しくなるでしょう。もし物足りない時は、アイスクリームなどを加えるのもお勧めです。

しかし、そんな甘いパンケーキだけでは立派な食事とは言えないという意見もあるでしょう。しかし、毎日それだけ食べ続けるのはいけませんが、たまになら問題ないでしょう。食べたいものを我慢するストレスも軽減されますし、そもそも甘い物が食事にならないというのは個人の価値観です。ダイエットで大切なのは、続ける気力や意欲を失わない、たまに自分を労ってご褒美をあげることです。ココアやカフェラテなど、好きなドリンクと一緒に甘いパンケーキを楽しんでみてはいかがでしょうか。